農業機械における作業性能解析技術と高性能化の研究開発

お薦めポイント
◎有給消化年平均19日以上
◎国内NO.1、世界で第3位。世界シェアNo1製品多数
◎食料・水・環境の課題を解決する製品
◎社宅寮完備、引っ越し費用会社負担
◎創業130年目、創業以来黒字経営
事業内容
建設機械及び農業機械メーカー
仕事内容
【配属先部署の役割】
解析センターは次世代のクボタを担う解析技術の高度化に挑戦。
製品の高性能化・ものづくりの革新を実現する部門。
様々な製品性能の解析化と最適設計を可能にし、高性能化と開発効率向上を目指しています。

【具体的な仕事内容】
農機作業性能に関する関係(機構・DEM)のリーダーの元、働いていただきます。
最新の計測技術と解析技術を駆使して、農機作業性能の解析手法の確立。
また確立した解析手法を使って、最適設計手法まで確立し、農機の高性能化提案と検証を行います。

【仕事の流れ】
作業性能の解析化のために、チームで農機稼働中の現象を計測して、解析手法を検討。
必要に応じて計測・解析手法の開発や新規導入を行います。
現象を理論的に解明し、数値モデル化。
さらに設計手法を確立し、開発機に適用していきます。

【担当案件数】
手法確立2~3案件/人(約1-3年)、開発機適用3~4案件/人(約1-2カ月)

【体制】
手法確立は2名ほどで主副担当を決めて進行、開発機適用は基本1名で実施

【働くスタイル】
部内、チーム内で打ち合わせを密に行い、各専門家の意見を聞きながら進めます。
またチームを横断して進めるテーマもあります。
解析技術だけでなく、計測技術にも精通することができます。
実機計測や検証は設計部門と共同で社内研究所や国内外現地試験に赴きデータを計測。
新技術導入のため社外との連携も積極的に行います。

【使用ツール、開発環境例】
 3DCAD(CATIA、NX、I-Deas)
 解析ソフト(ADAMS、EDEM、ROCKYDEMなど)

【入社後のキャリアパス】
基本同じチームで、リーダー、チーム長へ昇格していくことを想定しています。
社内外での技術発表を経験し、社内外に通用する技術者に成長できます。
プロジェクトに合わせ、チームを超えた協力やチーム間の異動の可能性はございます。

【ポジションのやりがいや魅力】
解析センターは部門横断の全社組織であるため、クボタ全製品の開発に携わることができます。
机上での解析業務だけではなく、計測や自らテストすることもあり、絶えず製品に触れながら業務を進めることができます。
新たな技術を求めて、世界中の社内外最先端の技術者と連携しながら進める面白さがあります。
勤務地
大阪府堺市(堺製造所)
給与
年収 4,500,000 円 - 8,500,000円(残業代及び諸手当込)※ご経験、前年収、ご年齢に応じて決定します。
《年収参考例》 
・539.2万円/27歳(残業代を除く)
・715.8 万円/34歳(残業代を除く)
※最短昇級時 897万円/35歳(管理職扱、手当無)
【賞与】業績、評価によって6月・12月支給
【昇給】年1回
雇用形態
正社員
勤務時間
8:00~16:30(休憩時間12:00~12:45)
休日休暇
【年間休日】125日 土日祝休み(事業所カレンダーによる)
年末年始、夏季、GW、年次有給、特別・慶弔休暇土曜日、日曜日、その他(製造部門は事業所ごとに決定。就労する事業所の年間所定休日による。)
【有給休暇】最大20日(入社時14日付与、半日・時間単位取得可)